阪急阪神ホールディングスの社内取締役の年俸は何故安い?

2018年11月、日産自動車のカルロス・ゴーン会長の

虚偽記載が明らかになりました。

有価証券報告書において年俸を安く開示したというものです。

それとはまったく別の話です。阪急電鉄や阪神電気鉄道を統括する

阪急阪神ホールディングスの社内取締役の年俸が気になります。

【有価証券報告書】

17年3月期

12人の社内取締役に対して

1億800万円を支給。

1人平均900万円。

18年3月期

13人の社内取締役に対して

8200万円を支給。

ただし、年度末の社内取締役数は7人です。

6人は4月―6月の3か月分の支給を受けて

17年6月に退任しています。

したがって、6人を1・5人分とカウントして

支給対象は8・5人とすると

平均は964万円になります。

 

年俸1億円超が珍しくない中で、なぜ、こんなに

年俸が低いのでしょうか。

グループを統括する持株会社からの支給しか開示していないからでしょう。

それぞれの社内取締役は、阪急電鉄や阪神電気鉄道などの

社内取締役を兼務しています。

それら事業会社から支給されている年俸を省いているからだと推定できます。

 

総額で1億円に達していないことから、開示義務がないという判断でしょうが、

あまりほめられたことではない気がします。

儲けている学習塾は? その③

儲けている学習塾は? その③

 

主な学習塾の従業員年間平均給与、人数、平均年齢、平均勤続年数を調べてみました。

学習塾の現場ではなくグループを統括するメンバーで構成されているためでしょう。持株会社のベネッセHD、学研HDが900万円台と突出しています。

 

  • ベネッセホールディングス(HD)

売上高4344億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           903.9万円

従業員数                            75人

平均年齢                            44.7歳

平均勤続年数                     14.5年

 

  • 東京個別指導学院(ベネッセHDの子会社)

売上高191億円(18年2月期)

従業員年間平均給与           527.1万円

従業員数                            471人

平均年齢                            35.7歳

平均勤続年数                     7.6年

 

  • 学研HD

売上高1021億円(17年9月期)

従業員年間平均給与           913.1万円

従業員数                            45人

平均年齢                            47.7歳

平均勤続年数                     19.9年

 

  • ナガセ(東進ハイスクール)

売上高459億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           738.9万円

従業員数                            456人

平均年齢                            35.7歳

平均勤続年数                     10.5年

 

  • リソー教育(TOMAS)

売上高225億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           663.5万円

従業員数                            263人

平均年齢                            41.9歳

平均勤続年数                     8.4年

 

  • 早稲田アカデミー

売上高221億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           529.0万円

従業員数                            842人

平均年齢                            36.8歳

平均勤続年数                     8.3年

 

  • 明光ネットワークジャパン(明光義塾)

売上高193億円(17年8月期)

従業員年間平均給与           518.8万円

従業員数                            484人

平均年齢                            36.4歳

平均勤続年数                     7.1年

 

  • ウィザス(第一ゼミナール)

売上高162億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           534.5万円

従業員数                            502人

平均年齢                            40.3歳

平均勤続年数                     12.0年

 

  • 市進HD

売上高156億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           431.2万円

従業員数                            92人

平均年齢                            43.1歳

平均勤続年数                     17.1年

 

  • 秀英予備校

売上高110億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           437.2万円

従業員数                            685人

平均年齢                            33.7歳

平均勤続年数                     9.1年

 

  • ステップ

売上高105億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           565.0万円

従業員数                            765人

平均年齢                            36.2歳

平均勤続年数                     9.3年

 

  • 学究社(ena)

売上高103億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           484.0万円

従業員数                            356人

平均年齢                            39.5歳

平均勤続年数                     8.0年

 

  • 城南進学研究社

売上高70億円(18年3月期)

従業員年間平均給与           468.9万円

従業員数                            253人

平均年齢                            37.1歳

平均勤続年数                     10.0年

 

儲けている学習塾は?

儲けている学習塾は? その②

 

「月謝1万円」にたとえて、主な学習塾における講師など塾の現場部門の人件費割合を算出してみました。単体ベースで、原価計算を開示している塾が対象です。

  • 東京個別指導学院(ベネッセホールディングスの子会社)

売上高191億円(18年2月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

4080円(うち講師は2910円)

 

  • ナガセ(東進ハイスクール)

売上高459億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

2600円

 

  • リソー教育(TOMAS)

売上高225億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

4560円(うちパート・非常勤など2890円)

 

  • 早稲田アカデミー

売上高221億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

3670円

 

  • 明光ネットワークジャパン(明光義塾)

売上高193億円(17年8月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

3260円

 

  • ウィザス(第一ゼミナール)

売上高162億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

4300円

 

  • 秀英予備校

売上高110億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

4258円

 

  • ステップ

売上高105億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

4880円

 

  • 学究社(ena)

売上高103億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

3600円

 

  • 城南進学研究社

売上高70億円(18年3月期)

講師など現場部門の人件費を1万円の月謝で計算

3580円

 

儲けている学習塾は?

儲けている学習塾は?

 

月謝1万円にたとえた各学習塾の収支を調べてみました。持株会社の場合は連結、その他は単体ベースです。

1万円につき1000円以上、つまり売上高営業利益率が10%を超えている学習塾は、ステップ、学究社、明光ネットワークジャパン(18年8月期は10%を割り込む予想)、ナガセです。

 

  • ベネッセホールディングス(HD)

売上高4344億円(18年3月期)

原価5753円 経費3956円 儲け291円

 

  • 東京個別指導学院(ベネッセHDの子会社)

売上高191億円(18年2月期)

原価6820円 経費2300円 儲け880円

 

  • 学研HD

売上高1021億円(17年9月期)

原価6550円 経費3119円 儲け331円

 

  • ナガセ(東進ハイスクール)

売上高459億円(18年3月期)

原価6350円 経費2440円 儲け1210円

 

  • リソー教育(TOMAS)

売上高225億円(18年3月期)

原価6820円 経費2300円 儲け880円

 

  • 早稲田アカデミー

売上高221億円(18年3月期)

原価7140円 経費2330円 儲530円

 

  • 明光ネットワークジャパン(明光義塾)

売上高193億円(17年8月期)

原価6420円 経費1900円 儲け1680円

 

  • ウィザス(第一ゼミナール)

売上高162億円(18年3月期)

原価7530円 経費2020円 儲け450円

 

  • 市進HD

売上高156億円(18年3月期)

原価8120円 経費1560円 儲け320円

 

  • 秀英予備校

売上高110億円(18年3月期)

原価8440円 経費1470円 儲90円

 

  • ステップ

売上高105億円(18年3月期)

原価円6900円 経費650円 儲け2450円

 

  • 学究社(ena)

売上高103億円(18年3月期)

原価6500円 経費1840円 儲け1660円

 

  • 城南進学研究社

売上高70億円(18年3月期)

原価6910円 経費2790円 儲け300円

 

 

総合商社の実力の見分け方

総合商社の実力を一目で見分ける方法がある。「受取配当金」と「持分法投資損益」を確認すればいい。あくまでも「純利益」などを含めて総合的に判断するのが基本だが、受取配当金と持分投資損益の黒字額には、各社の力量やグループの経営状況がはっきり示される。

総合商社は商品の取り扱いで手数料を得る〝仲介ビジネス〟中心から、成長が見込まれる分野や事業への投資・参画という〝投資ビジネス〟にシフト。子会社や関連会社、それに投資先から配当金や利益の還元を受けるビジネスモデルを築き上げてきた。それだけに、受取配当金と持分法投資損益は重要な指標である。

受取配当金は子会社や関連会社、出資会社などから親会社に支払われた金額を確認するために、単体ベースの数値を使用する。

持分法投資損益は連結決算特有のもので、関連会社の利益を投資比率に応じて取り込む。子会社の利益は基本的に合算するが、関連会社の場合は、部分的にグループ利益に貢献するわけだ。

続きを読む →